2009年2月3日

骨髄移植が1万件を突破

白血病など、血液の病気の患者への骨髄移植が去年12月に全国で1万件を超え、3日に那覇市で記念のイベントがありました。骨髄移植は白血病などに有効な治療法として、日本では16年前に初めて実施されました。そして去年12月3日、全国での骨髄移植が1万件に達し、骨髄移植...続きを見る

願い込め 福は内

2月3日は節分です。浦添市にある沖縄食糧にかわいい鬼がやってきました。かわいい鬼たちは浦添市勢理客保育園の2歳から5歳の園児100人。なぜ鬼になったのかというと、自分の心の中の悪い鬼を退治しようというのです。豆まきをして悪い鬼を払った子どもたちには恵方巻きのプ...続きを見る

がんじゅうへの扉 放っておくと大変! 歯周病

「歯周病」については以前もこのコーナーで触れたことがありますが、放っておくと全身の病気に関わることも指摘されています。その危険性をもう一度、確認してみます。「(Q:歯磨きは何回?3回です。子どもが生まれてから(虫歯で)ぼろぼろになったので、1回治してからは割り...続きを見る

沖縄ハム 保税工場からアジアへ販路拡大

食品加工業では県内で初めての認可です。沖縄ハムは3日、沖縄地区税関から保税工場の認可を受け、今後、関税免除のメリットを生かしてアジアでの販路拡大を目指します。沖縄地区税関から保税工場の認可状を受け取ったのは沖縄ハムの長浜徳勝社長です。保税工場の認可を受けること...続きを見る

知事が緊急に雇用確保求める

景気の停滞が続き、今後の雇用情勢の悪化が懸念される中、知事が自ら各経済団体を回り、雇用の確保を訴えました。要請したのは仲井真知事のほか、沖縄労働局の森川局長や市町村会会長を務める那覇市の翁長市長など4人です。仲井真知事は県経営者協会の知念会長に「現下の経済情勢...続きを見る

県の職業訓練校 精神障害者の入校拒否を明記

現在、入学の受付が始まっている県の職業能力開発校が、障害者枠の中で精神障害者の受け入れを拒否していることがわかりました。県の職業能力開発校では障害者の採用枠を設けて身体障害者や知的障害者の就労を支援しています。精神障害者についてはこれまでも受け入れを認めていな...続きを見る

不発弾問題、今は検討せず

糸満市で起きた不発弾の爆発事故を受け、県や地元が求めている被害者補償などの法整備について、政府は現在、検討もしていないことを明らかにしました。これは照屋寛徳衆院議員の質問主意書に政府が答弁書で回答したものです。照屋議員は不発弾による事故の再発防止や被害者救済な...続きを見る

年男・年女が豆まき 鬼は外!福は内!

2月3日のきょうは節分です。那覇市の波上宮では毎年恒例の豆まきが行われました。節分祭は無病息災と厄除けを祈願して波上宮が毎年実施しているもので、本殿では地元のナンミン獅子が登場し、厄除け祈願を行いました。そして、俳優の北村三郎さんや空手の元世界チャンピオン豊見...続きを見る

うるま市 パチンコ店駐車場で強盗未遂

2日夜遅く、うるま市のパチンコ店の駐車場で、男が包丁で女性を脅し金を奪おうとしましたが、抵抗されたため何も取らずに逃げました。警察が強盗未遂事件として捜査しています。2日午後11時50分ごろ、うるま市石川赤崎のパチンコ店の駐車所で、読谷村に住む58歳の女性がパ...続きを見る

防衛省が代理署名 9米軍基地強制使用へ

防衛省は3日、アメリカ軍に土地を提供することを拒む地主に代わって強制的に土地を使用するための代理署名を行いました。防衛大臣の指名を受けた施設計画課の課長が沖縄防衛局で代理署名したのは嘉手納基地や伊江島補助飛行場、キャンプハンセンなど9つのアメリカ軍施設について...続きを見る


qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.