2008年11月18日

ここまで表現 ペーパーアート

ペーパーアートの展覧会が那覇市のデパートで開かれています。「ペーパーアート」というのは、数百に切り抜いた紙を幾重にも組み合わせて、立体的な作品を作り出すものです。これらを製作しているのはこの道20年、ペーパークラフトの第一人者である太田隆司さん。その技術はとて...続きを見る

地産地消の良さ知って

環境に優しい農業の現場を見学して、県産野菜の素晴らしさを実感してもらおうというツアーが18日に那覇市などで開かれました。この農家訪問ツアーは、地元でとれた農産物を地元で消費する地産地消をすすめようと那覇市が企画しました。有機農法でピーマンやオクラなどを育ててい...続きを見る

知念漁協が海上デモで抗議

沖縄電力が中城村で建設を進めている火力発電所をめぐって、温かい排水が流される事で漁場が荒らされるとして南城市の知念漁協が反発している問題で、漁師らが海上デモで抗議の意思を示しました。南城市の知念漁協には18日午前、建設計画の見直しを求める多くの漁船が集まりプラ...続きを見る

セスナ機墜落の対応協議

アメリカ軍の事故が発生した場合の対応について検討する協議会が18日に那覇市で開かれ、先月名護市で起きたセスナ機の墜落事故の対応が話し合われました。この協議会は4年前、沖縄国際大学にアメリカ軍のヘリコプターが墜落したのを受けて設立され、会議には外務省の今井沖縄担...続きを見る

日米共同訓練・反発の声も

9月に横須賀基地に配備されたアメリカ軍の原子力空母ジョージ・ワシントンが参加して、航空自衛隊との日米共同訓練が沖縄本島沖で実施されています。午前8時半、那覇基地からはF-15戦闘機など12機が轟音を響かせながら次々に本島北東の訓練空域へと飛び立っていきました。...続きを見る

ダイビングの健康効果を検証

スキューバダイビングの健康的な効果を医科学的に解明しようと、ツアー客をモニターにした実証実験が11月16日から19日まで恩納村で行われています。この取り組みは、亜熱帯気候の優位性を活かした事業モデルを開発している南西地域産業活性化センターが2007年度から実施...続きを見る

米軍事故の対応協議

アメリカ軍の事故が発生した場合の対応について検討する会議が18日に那覇市で開かれています。この協議会は沖縄国際大学にアメリカ軍のヘリコプターが墜落したのを受け、その年の2004年から開かれているものです。会議には外務省の今井沖縄担当大使や沖縄防衛局の真部局長な...続きを見る

翁長市長に当選証書

11月16日に行われた那覇市長選挙に当選した翁長雄志さんに18日、当選証書が付与されました。那覇市役所で行われた当選証書の付与式には翁長さんのほか、市議会議員補欠選挙に当選した5人の方が顔を合せました。そして多くの支援者が見守る中、那覇市選挙管理委員会の瀬良垣...続きを見る


qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.