1 / 21123...1020...最後 »

2008年10月31日

南城市で火事 一人焼死

31日午後、南城市で店舗兼住宅から火が出て、焼け跡から一人の遺体が発見されました。県警ではこの家に住む男性ではないかと見て身元の確認を急いでいます。31日午後1時ごろ、南城市佐敷の平良国義さんの店舗兼住宅から火が出ていると、周辺の住民から消防に通報がありました...続きを見る

がんじゅうへの扉 健康で長生きを!

筋力年齢に骨年齢、あなたは自分の体の状態を知っていますか?老化度を判定するアンチエイジングドッグが受けられる専門施設が誕生しました。沖縄県の職域検診のおよそ6割を行っている沖縄県総合保健協会。先月ここに新たな施設アンチエイジング医療センターがオープンしました。...続きを見る

おきなわの観光

子どもたちが「沖縄の観光」をテーマに描いた絵画コンクールの表彰式がありました。2008年は幼稚園児から高校生まで過去最多の1004点の応募があり、入賞した42人に表彰状が手渡され、会場からは大きな拍手が送られていました。作品はどれも子どもたちが感じる「元気な沖...続きを見る

久米島の渓流・湿地

世界で久米島だけにいるキクザトサワヘビなど、希少動物が生息する久米島の渓流湿地が30日、ラムサール条約に登録されました。ラムサール条約は湿地と人との共生を目指し、世界158カ国が加盟して条約を締結するもので、久米島の渓流湿地には、絶滅危惧種最高ランクのキクザト...続きを見る

米軍セスナ機墜落事故 地位協定に捜査阻まれ1週間

名護市のサトウキビ畑にアメリカ軍所属のセスナ機が墜落した事故から31日で1週間。アメリカ軍は31日午後から、機体に乗っていたパイロット以外の3人の事情聴取に応じています。2004年の沖国大ヘリ墜落事故と同様、民間地域で起きた今回のセスナ機墜落事故。2004年と...続きを見る

集団自決訴訟 2審も「軍の関与」認める

集団自決に関する記述を巡り、日本軍の元隊長らが作家の大江健三郎さんなどを訴えた裁判で大阪高裁は31日、1審を支持し、元隊長側の訴えを退けましたこの裁判は沖縄戦当時座間味島の守備隊長だった梅澤裕さんらが大江健三郎さんの「沖縄ノート」で「集団自決を命じた」と書かれ...続きを見る

園児が賑やかなパレード

10月31日はハロウィーンです。南風原町の保育園では仮装した子どもたちが老人福祉施設を訪れ楽しいパレードで交流しました。お母さんの手作りの衣装でかわいく変身した子どもたちは南風原町にあるよいサマリア人保育園の園児たちです。31日は朝からお父さんお母さんが働く病...続きを見る

目指すは国際観光都市

国際観光地沖縄を海外にアピールし外国人観光客の誘致を図るための具体策を検討する委員会が開かれました。委員会では県内の旅行業者やクルーズ船ツアー業者、また行政や学識経験者など12人が委嘱を受けました。委員長に選出された観光コンベンションビューローの保坂好泰常務理...続きを見る

仲井真知事 米軍の事故対応に憤り

仲井真知事は発生から1週間が経つアメリカ軍セスナ機の墜落事故について「アメリカ軍が地位協定を盾に県警の捜査権に制約を加えるのはおかしい」と語りました。これは仲井真知事が31日に開かれた定例記者会見の中で述べたものです。仲井真知事は「日米地位協定を盾にして(県警...続きを見る

2008年10月30日

金武町 琉球紅茶シンポジウム

国のブランド育成支援事業を受け、琉球紅茶の開発に取り組んでいる金武町で、今後の事業展開を考えるシンポジウムが30日に開かれました。金武町の紅茶栽培は、紅茶の国・スリランカで経験を積んだ「沖縄ティーファクトリー」の内田智子さんが町内で紅茶栽培と商品化に成功。金武...続きを見る


1 / 21123...1020...最後 »

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.