2007年10月11日

おじぃちゃんおばぁちゃんの命薬 那覇市首里 楠見美枝子さん(92)

きょうは、那覇市首里に住む楠見美枝子おばあちゃん、御年92歳!美枝子おばあちゃんは、この姿勢の良さ。とても92歳とは思えません。そしてもう一つの自慢は、この「健康」「一番怖いのはね、病院!娘が「お母さん行こう早く」と言ってもね、「どこも痛くないのに何しに行く」...続きを見る

美ら海総体 アイディア提供者を表彰

3年後に迫った全国高校総体沖縄大会の愛称やシンボルマークをデザインした生徒が11日県から表彰を受けました。愛称に決まったのは沖縄工業高校3年の外間梨実さんの作品「美ら島沖縄総体2010」。スローガンには知念高校1年の金城満里香さんの作品「晴天届く君の風みなぎる...続きを見る

「レコード」を活性化のために

市街地や通りの活性化イベントはいろいろありますが那覇市の平和通りでは「古いレコード」を活性化の起爆剤にしようという企画が話題を呼んでいます。78回転のSP盤と蓄音機、どちらも、今では滅多に見られないもの。まるで時間をさかのぼったような不思議な感覚にとらわれます...続きを見る

海上での油流出に対応

海上での油の流出に備え油の回収方法などを習得するための防災訓練が那覇港で行われました。この訓練は海上の防災体制と技術の向上を目的に行われたもので、那覇港の関係者や電力、燃料会社などからおよそ50人が参加しました。はじめに全員で流出した油を吸い取る機材や簡易式の...続きを見る

再就職活動をバックアップ

「もう一度働きたい」という人が対象です。育児や介護などで一度は職場を離れた人の再就職を支援するセミナーが那覇市で開かれました。これは21世紀職業財団沖縄事務所が妊娠や出産、育児や介護で退職した人に知識や情報を提供して再就職の準備をバックアップしようと開きました...続きを見る

要請団4項目を求める

教科書検定意見の撤回を求める県民大会の実行委員会が11日に開かれ、15日からおよそ130人で東京要請行動を展開することが決まりました。県議会内で開かれた実行委員会では、検定意見の撤回を求め総理大臣や文部科学大臣、官房長官に対する要望書の文案を最終的に調整して決...続きを見る

与那原署 金井智子プロ一日署長

7月にプロテストに合格した県出身の女子プロゴルファー、金井智子選手が11日、与那原警察署の一日署長となり防犯をPRしました。与那原署で行われた出発式では、父親が与那原署の親慶原駐在員という縁で、プロゴルファーの金井智子選手が一日署長を委嘱されました。このあと金...続きを見る

沖縄懇話会 滑走路早期増設を要請

沖縄の振興開発・経済発展のための提言を行う「沖縄懇話会」の代表が11日、仲井真知事を訪ね那覇空港滑走路の早期増設を求めました。沖縄懇話会は県内外の企業86社で構成される団体で本土と地元企業の交流などを通して新たな沖縄の方向性を提言しています。11日に仲井真知事...続きを見る

上原知事公室長 知事意見提出を支持

名護市辺野古への基地建設に伴う環境アセスメントの方法書について11日、県の上原知事公室長は『県民の意見を反映させたい』と述べ知事意見を提出する仲井真知事の姿勢を県議会に伝えました。仲井真知事は政府が県に提出した辺野古への基地建設のための環境アセスの方法書に対し...続きを見る


qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.