1 / 22123...1020...最後 »

2007年7月31日

サンゴに被害 東平安名岬で白化現象

宮古島の東平安岬で、高い海水温によってサンゴが死滅する白化現象が広がり、被害の拡大が懸念されています。宮古島の観光スポットとして知られる東平安岬の浅瀬には、白い石のように白化したサンゴがぽつぽつと見られ、広い範囲でサンゴが被害にあっています。サンゴの白化現象は...続きを見る

米軍ヘリ墜落 事故から3年写真展

宜野湾市で発生したアメリカ軍ヘリ墜落事故から8月13日でまる3年。事故の記憶を忘れまいと写真展が31日から那覇市で開かれています。これは沖縄国際大学の学生や地元住民らでつくる市民団体「1000の記憶」が開いたもので、燃えつづける機体やアメリカ軍による現場封鎖な...続きを見る

あの人気者 那覇港に

先月6月には名護市の辺野古の海でジュゴンが悠々と泳ぐ姿を見せましたが、今度は那覇市の港でイルカが元気に泳ぐ姿を見せました。那覇の港に姿を現したのはハシナガイルカ。まだ子どものようです。27日ごろから空港近くの海で確認されていて、付近を船で通るダイビング業者の間...続きを見る

Qリポート 緊急取材“路上寝”の実態

6458件。この数字、実は、去年一年間、県警に寄せられた路上寝の通報件数です。お酒に酔って、ついつい路上で寝てしまうこの行為、今月には石垣市で死亡事故も発生しています。特に、離島に多いといわれる路上寝。QABではその実態を緊急取材しました。実近記者です。実近記...続きを見る

洋菓子沖縄一は誰の手に

洋菓子の技術を競うコンテストが31日に那覇市で開かれ、甘い香りに包まれる中、パティシエたちが技を披露しました。これは5年に一度開かれている全国洋菓子技術コンテストの県予選で、ホテルや菓子店で働くパティシエ9人が出場しました。2時間半の制限時間の中、マジパンで作...続きを見る

進貢船 大交易時代蘇る

琉球王朝の大交易時代、中国と琉球の間を行き来していた「進貢船」を復元した模型が31日に完成しました。那覇市の県立博物館では模型作りの最終段階の作業がマスコミに公開されました。完成した進貢船は長さ3メートル、幅80センチ、高さ2メートル40センチと実物の10分の...続きを見る

写真甲子園 真和志高が連覇

写真の高校日本一を競う「写真甲子園」で真和志高校が見事、大会史上初の2連覇を果たしました。真和志高校のメンバー3人は30日夜、優勝旗を手に那覇空港に到着。学校関係者や家族らに拍手で出迎えられ、笑顔で優勝を報告しました。毎年北海道で開かれる写真甲子園、14回目の...続きを見る

「象のオリ」跡地引渡し始まる

地権者はおよそ370人。2006年12月に全面返還された読谷村の楚辺通信所、通称「象のオリ」の土地の引渡しが31日に始まりました。引渡しの対象となったのは、円形のアンテナなどが建設されていた部分約42万平方メートルで、那覇防衛施設局では2007年5月から施設の...続きを見る

教科書問題県民大会 県「主催者にはなれない」

沖縄戦の集団自決で日本軍の関与が教科書から削除された問題で、31日、民主党県連が県民大会の開催を県に求めましたが、仲里副知事は、「主催者にはなれない」と消極的な姿勢を示しました。県庁を訪れたのは民主党県連の赤嶺昇県議会議員など4人で、「検定意見が撤回されるよう...続きを見る

夏の交通安全運動スタート

若者の交通事故防止、飲酒運転根絶などを目指す「交通安全県民運動」の出発式が行われました。出発式には、白バイ隊員らおよそ60人が参加。県警の大平修本部長は、「無謀運転や飲酒運転の防止に向け気を引き締めて取り締りに当たりましょう」と訓示しました。2007年に入って...続きを見る


1 / 22123...1020...最後 »

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.