- QAB NEWS Headline - https://www.qab.co.jp/news -

北沢防衛大臣 帰任会見 今後も辺野古移設に理解求める

沖縄を訪れていた北沢防衛大臣は8日、宮古島市を視察。帰任前会見では振興策や基地の負担軽減策などを挙げ、普天間基地の辺野古移設に理解を求めました。

歴代防衛大臣として初めて宮古島市を訪れた北沢防衛大臣は航空自衛隊宮古島分屯地を視察し下地市長と面談しました。北沢防衛大臣は「今年度中に先島全体、そして日本の最南端をどう守るかを考えたい」と視察の目的を話し下地市長は「尖閣の周辺で操業する漁業関係者の安全を守ることは切実な願いだ」と訴えました。

このあと自衛隊機で那覇に戻った北沢防衛大臣は帰任前の会見に臨み今回の沖縄訪問の成果をこのように述べました。「知事との協議が厳しかったとは思っていない。仲井真さんのキャラクターも承知している上で、非常に良い話し合いができたと思っている」

今回、仲井真知事との話し合いは平行線を辿りましたが沖縄振興策の協議にあたり自らが政府と沖縄の調整役になってもよいとアピールしたり、普天間基地の移設が進まなければ嘉手納より南側の基地の返還や海兵隊のグアム移転が止まると強調するなど、北沢防衛大臣は改めて辺野古移設に理解を求めました。

辺野古に建設を予定している滑走路の具体的な工法などは今回は提示されませんでしたが、近く開かれる、日米の外務防衛担当閣僚による安全保障協議委員会、2プラス2を前に政府の沖縄への働きかけは活発化しそうです。