芸能界で輝ける新たなタレントを発掘するため、老舗の大手芸能プロダクションが沖縄に進出します。

創業54年、多くの有名タレントを抱える大手芸能プロダクションの「サンミュージック」が、復帰50年の節目の年に沖縄に事務所を設立します。さらに、事務所の設立に伴い、付属の養成所であるアカデミーも4月に開校する予定です。

沖縄での活動第1弾として、歌手・アイドルなどを目指す若者のための「美らスターオーディション」が企画されていて、参加の募集は1月31日までです。

サンミュージック沖縄の嘉手苅生佳社長は「沖縄から全国や世界に羽ばたく人材を育てていきたい」と抱負を述べました。

事務所の拠点は沖縄市で、地域に根差した人材育成や街づくりなどに取り組んでいくということです。

老舗の芸能事務所が沖縄に進出