1月10日の「成人の日」を前に、県内の一部の地域では一足早く成人式が行われ、新成人たちが笑顔で大人の仲間入りを祝いました。

石垣市では島外から帰省する新成人が多いため、新型コロナの感染再拡大を受けて急きょ、式典への参加条件を変更し、無料のPCR検査を事前に受けて陰性確認をするよう求めることにしました。

1月3日までに検査を済ませた新成人たちは陰性だったことを証明するメールを提示して式典にのぞみ、待ち望んだ晴れの日を友人たちと喜びあいました。

新成人代表の砂川希さんは「コロナ禍のなか、大切な日を石垣島で迎えられたことに感謝する。島の人間として貢献できるよう精進したい」と抱負を語りました。

石垣市では2022年、518人が大人の仲間入りをしました。

一足早く成人式 石垣島では518人が大人の仲間入り