玉城知事は会見を開き11月15日から再開する「おきなわ彩発見キャンペーン」で島をまたぐ移動をについて前倒しをして行う検討をしていることを明らかにしました。

玉城知事は「離島に最大限配慮し、島をまたぐ旅行の実施時期を1日でも早く実施することと、離島振興協議会からの開始時期に関する要請などを踏まえ島をまたぐ旅行の開始時期について前倒しができないか検討することといたしました」と述べました。

県は、県内の需要を喚起するため県内旅行の割引を行う「おきなわ彩発見キャンペーン」を11月15日から再開するのを前に当初、「島をまたぐ移動」については11月26日から始める予定でした。しかし、県議会や離島振興協議会からの要請を受けて玉城知事は、前倒して11月19日から実施する考えを示しました。

前倒しの判断について県は、地域ごとの人口10万人あたりの直近1週間の新規感染者数と病床占有率などを注視するほか、疫学統計委員会の分析結果を踏まえて11月16日に決定する方針です。

知事「島またぎ移動」前倒しを検討