ワンタッチで支払いできコロナ禍で気になる接触を減らすことにも期待されています。南城市のコミュニティバスで10月20日からICカード「OKICA」を使って決済できるようになりました。

濱元晋一郎記者「南城市のコミュニティーバスでICカード払いができるようになりました」

南城市の「Nバス」はコミュニティーバスとして県内で初めてオキカを導入し、10月20日から決済できるようになりました。降りる時にカードをかざすだけでなので利便性の向上ともに人との接触が減らせると期待されています。

利用者「自分もカードを利用してバスに乗っているので、地域の小さいコミュニティーバスでもつけえるのは便利だと思います」

利用者「支払いが簡単にできる、それが一番じゃないですかね」

オキカの導入にあわせて市民限定のオキカも発行されていて、市の形をモチーフにピンクのハートをあしらったオリジナルのデザインになっています。

南城市のコミュニティーバスでICカード決済が始まる