秋までに実施される衆院選に向け県選挙管理委員会は違法に掲示されているのぼり旗やポスターに対する周知啓発を呼びかけました。

県選挙管理委員会は県内では各種選挙の前に違法なポスターなどが乱立する傾向にあると指摘し違法なポスターやのぼり旗への周知啓発活動を強化しています。

公職選挙法では道路や私有地、街頭演説の際に候補者の名前などが入ったのぼり旗やポスターなどを掲示することは禁止されていて、県選挙管理委員会は先日衆院選の10人の予定候補者、あわせて1136件の違法なポスターなどに対し撤去命令を出しました。

県選挙管理委員会は「日常的によく見る風景が実は違反だったということを県民に周知するため」として、どういうものが違法にあたるのかを示したポスターや動画を作成していて今後も周知活動を徹底したいとしています。

  県選管 衆院選に向け違法ポスターなどの周知徹底