防衛省は在日アメリカ軍基地で働く日本人従業員が希望すればアメリカ軍によるワクチン接種を受けられるようになったと発表しました。

防衛省によりますとアメリカ軍によるワクチン接種の対象となるのは日本各地のアメリカ軍基地で働く従業員およそ2万6000人で、そのほとんどが日本人だということです。接種は近く始まる見込みで希望した人が基地内の病院で受けることができます。

在日アメリカ軍が保有するファイザー製とモデルナ製のワクチンが使われることになっていて費用はアメリカ軍の負担です。

基地従業員のワクチン接種をめぐっては、アメリカ側が接種を行い副反応などが出た場合、日本の法律の適用外となるためどう救済していくか保障の問題があげられていましたが今回はアメリカの制度に基づく保障を受けることになります。

基地従業員に米軍による基地内でのワクチン接種が可能に