2020年もあとわずか。県内の神社では新年を迎える準備が始まっています。

那覇市の護国神社では26日朝から新年に欠かせない「福笹」や「破魔矢」を作る作業が始まり、巫女さんたちが縁起物の飾り付けをしました。

巫女「これを手に取っていただいた皆様に新年から良いことが起こりますようにという気持ちを込めて作っています」「今年は皆さん気持ちが暗くなっていると思うので、その分、例年より一生懸命心を込めて助勤しようと思っています」

26日はお札やお守りのお清め、職員らの安全祈願なども行われ、順調に新年の準備を整えていました。

護国神社で新年を迎える準備始まる