12月2日、高校スポーツの全国大会インターハイに出場する県選手団の結団式が行われました。

結団式には冬のインターハイ競技全国高校駅伝に出場する男子・北山、女子・名護の選手たちが参加しました。

名護高校の仲愛琳主将は「(全国高校駅伝は)応援の方々が途切れずにいるのがとても印象に残っていて、それが一番楽しみ」と話し、北山高校の源河開偉主将は「選手全員が去年のベストを更新しているので、かなり手応えを感じている。県最高順位は32位なので、2020年は20位代を狙っている」と話していました。

このほか、名護高校ラグビー部は花園ラグビー場での全国大会に出場します。選手たちは気持ちも新たに大舞台での健闘を誓っていました。

冬の全国大会へ 沖縄県高校選手団結団式