沖縄のパティシエがタルトのコンテストで日本一に輝きました。

洋菓子のタルト日本一を決定するコンテストでグランプリを獲得したのは、ルネッサンスリゾートオキナワのパティシエ・山城新和さんです。ルネッサンスリゾートオキナワでは、2019年に続き、2年連続のグランプリ受賞です。

今回受賞したタルトは、県産パイナップルをクリームとタルト生地にふんだんに使用していて、山城さんは「完熟したパインの断面をイメージし、デザインに力を入れた」と振り返り「パインの行き先(に農家)が困っているという記事を読み、ぼくはパティシエとして何かできないかと思い、このパインを使って挑戦しました」と話していました。

山城さんのパインタルトは12月26日から、ルネッサンスリゾートオキナワで販売されます。

沖縄のパティシエがタルトコンテスト日本一