県議会の11月定例会が25日に開会し、県は新型コロナ対策を中心とした補正予算案を議会に提出しました。

県議会の11月定例会、初日の25日は県から第8次補正予算案など36件の議案が議会に提出されました。

第8次補正予算案は147億円あまりが計上されており、そのうち感染患者の病床確保や医療設備の整備におよそ93億円、患者を受け入れた医療機関に対する協力金への予算におよそ16億円、年内に開始予定の地域共通クーポン事業におよそ6億円など、新型コロナ関連は146億4000万円あまりにのぼっています。

この補正予算案は12月2日に採決が行われる予定で、可決された場合、2020年度の新型コロナ関連の予算は総額およそ1411億円となります。

11月定例会開会 147億円の補正予算案提出