県議会は10月13日に最終本会議を開き、那覇軍港の早期移設などを求める意見書案などを審議し、賛成多数で可決しました。

9月定例会最終本会議では、自民党などから那覇軍港の早期移設と浦添西海岸開発計画の早期実現を求める意見書案と決議案が提出され審議されました。

これに対し与党は共産党などが反対の意思を示した一方、てぃーだネットは公式な場での協議がまだ行われておらず賛否を表すタイミングではないとして採決を前に退席しました。

採決の結果、野党中立会派に加え、与党会派の「おきなわ」も賛成し、決議案と意見書案は賛成多数で可決されました。

県議会 那覇軍港の早期移設求める意見書・決議可決