解体予定の建物を実際の災害現場に見立て、消防士の救助技術の向上に役立るための訓練が那覇市で行われました。

この訓練は那覇市消防局が老朽化により解体する予定だったマンションの所有者から提供を受け実施したものです。訓練は、災害時に屋内に人が取り残されている想定で行われました。

火災が発生した際の訓練では、隊員が鍵のかかったドアをカッターで壊したり地震で建物が倒壊した際に建物の壁や天井をチェーンソーなどで切断し、被災者を救助する手順を確認していました。

那覇市消防局・高度救急隊照屋勝也隊長は「実際の建物を使って、検証を図りながらやっていくことはいい機会になる。」と述べました。

また隊員が訓練を通して互いの役割などを確認できたことについて消防局では、「消防力の強化に大きく寄与する」としています。

解体予定建物を使用した消防訓練