シャツの売り上げで医療スタッフを支援します。かりゆしウェアの販売を手掛ける那覇市の企業と県内で衣服を製造する企業をまとめる団体が県医師会に医療用のガウン596枚を贈りました。

手渡されたガウンは布織のプロたちが考案したもので、ラミネート加工を施して飛沫や液体が染み込まないような機能性が考慮されています。

MANGOHOUSE金城忠代表取締役「(医療)スタッフとかが絶対感染してはいけないと思って、救える命も救えなくなる。こんなことで命が救えるならと思って始めた」

販売を手掛ける企業がかりゆしウェア1着を購入するごとに2000円を医療現場に寄付する取り組みを続けていて今回、ガウンの提供におよそ30万円を充てたということです。

医師会へガウン寄贈