長時間、台風の強風域に入った本島地方、8月25日朝まで土砂災害や河川の増水に警戒が必要です。

バスやモノレールは通常通りの運行となり街中では、足早に会社や学校に向かう人の姿がありました。この台風の影響で那覇空港では沖縄と本土、離島を結ぶおよそ60便が欠航し2500人以上に影響が出ました。海の便では那覇と周辺離島を結ぶ全便が欠航しています。

台風8号の激しい雨風にさらされた久米島、島にある幼稚園や小中学校、高校が臨時休校となりました。また、久米島空港では8月24日午前10時1分に最大瞬間風速36.5メートルを観測しました。本島地方では8月25日午後3時までの24時間に降る雨の量は多いところで120ミリと予想されています。

8月24日夜にかけて強い風が吹く見込みで沿岸海域ではうねりを伴う大しけが続き高波にも注意が必要です。

台風8号 夜にかけて引き続き警戒