台風8号は、現在、沖縄本島に最も接近して沖縄本島中南部では大雨や土砂災害に警戒が必要です。

沖縄気象台によりますと、台風8号は、24日午前10時50分には、久米島の北北西約110キロの海上にあって、ゆっくり東北東に進んでいます。中心の気圧は985ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は30メートルで、最大瞬間風速は45メートルとなっています。

暴風警報が出されている久米島では非常に強い風が吹いていて、午前10時1分に最大瞬間風速36.5メートルを観測しています。台風の影響で久米島町の幼稚園や小中学校、高校は臨時休校となっています。

台風は、現在、沖縄本島地方に最も接近しており、今後、夕方にかけて大雨や土砂災害に警戒が必要です。

台風8号 沖縄本島最接近