ペダルの踏み間違えによる事故を防ぐための車、いわゆる「セーフティーサポートカー」の試乗会が開かれました。

仲本記者「こちらの車、アクセルを踏み続けても、障害物があると自動的に止まるようになっています」

「セーフティーサポートカー」は高齢者に目立つ誤操作による事故を防ぐため、間違えてアクセルを踏み込んだ時に車が急発進しないよう制御する機能などが搭載されています。

体験者「高齢者じゃなくても踏み間違いとか居眠りとかありますよね。そういうのの防止にはいいと思います」警察は「交通安全を考えるきっかけにしてほしい」としています。

誤操作の事故を防ぐ サポカー試乗会