6月にアメリカ軍嘉手納基地で発生した火災を受け、嘉手納町議会は2日の臨時会で火災に対する意見書と抗議決議を全会一致で可決しました。

6月22日、アメリカ軍嘉手納基地内の危険物を取り扱う施設で火災が起き、塩素ガスが発生しました。この火災を受け嘉手納町議会では火災発生後、地元に対し速やかな情報提供がなかったことなどから火災の原因究明や正確かつ迅速な情報提供などを求める意見書案と抗議決議案が審議されました。

嘉手納町議会・當山均基地対策特別委員会委員長「関係機関に対し正確かつ迅速な情報提供を求めてきたにもかかわらず、今回の情報提供の遅れは誠に遺憾で、強い憤りを禁じ得ない」

採決の結果意見書案と抗議決議案は、全会一致で可決されました。

嘉手納基地火災に抗議決議 嘉手納町議会