泡瀬干潟の保全活動の拠点としても知られる沖縄市泡瀬のウミエラ館が、4月閉館するのを前に3月22日、イベントが行われました。

沖縄市泡瀬にある博物館カフェ・ウミエラ館。閉館するのを前に開かれたイベントには60人あまりが詰めかけました。ウミエラ館は泡瀬干潟に生息するサンゴや藻類などの写真や貝類の展示物などがあり、観察会を定期的に行うなど泡瀬干潟の保全活動の拠点としても知られていました。

イベントでは毎年この場所で公演を行っている埼玉県の市民歌劇団が車人形や獅子舞などを披露しました。

ウミエラ館では4月12日に最後の観察会を行い閉館となりますが、館長の屋良朝敏さんは「閉館後も泡瀬干潟の保全活動を続けていきたい」と話しました。

ウミエラ館 4月の閉館を前にイベント