20日にスペインから帰国した、県内在住の10代の女性が新型コロナウイルスへの感染が確認されたことがわかりました。

玉城知事「3月20日にスペインから成田空港に入国し同日に沖縄に移動しておりますが、成田空港に来た際、検疫所で実施したPCR検査の結果が陽性となり、本日、厚労省より報告がありました」

感染が確認されたのは、中部保健所管内に住む10代の女性です。

県によりますと、女性は20日、スペインから成田空港に入国し、その時に行ったPCR検査で陽性反応が出たということです。女性はPCR検査の結果が出るまで待機要請を受けていましたが、21日に確認された検査結果を待たずに、20日のうちに沖縄に移動していました。女性に症状は見られないということです。

また、家族や親せきと5人で旅行していましたが、他の4人は陰性だったということです。

今回のケースは、空港で感染が確認された「空港検疫症例」となり、県内での発生事例には含まれないということです。女性の行動歴や接触者について、保健所が確認を行っています。

スペインから帰国の沖縄在住10代女性感染確認