2018年に発足したプロ野球沖縄県人会による野球教室が12月28日、沖縄市で開かれました。

この野球教室は沖縄の子どもたちや県民に恩返しをしたいと、昨年から開催されています。

コザしんきんスタジアムには沖縄市内の少年野球チームから約180人が参加し中日ドラゴンズの又吉克樹投手や横浜DENAベイスターズ嶺井博希捕手など6人が講師を務めました。

子どもたちは投手と野手に分かれ投球動作やバッティングなどのテクニックを教わりました。

実際にプロ野球選手がピッチングを披露するとボールの速さや変化球に子どもたちは驚いた様子を見せ1球1球に歓声が上がりました。

参加した子ども「守備とかバッティングを教えてくれてよかったです」「ピッチャーのフォームの変え方・投げ方とか言われました」

この野球教室、次回は2020年12月名護市営球場で開催予定です。

プロ野球沖縄県人会ベースボールフェス