首里城火災を受け、沖縄大学の同窓会がマスコミ各社合同の「首里城県民募金」に寄付金を贈呈しました。

19日、沖縄タイムス社を訪ねたのは、沖縄大学同窓会の棚原勝也会長や副会長などです。首里城火災を受け、沖縄大学同窓会は、11月開催された創立55周年の祝賀会で、会員や参加者から募金を募りました。

棚原会長は「首里城の火災は、那覇市にある唯一の4年生私立大学の沖縄大学同窓生も皆心を痛めている」として、沖縄タイムスの豊平良考会長に寄付金を手渡しました。

同窓会では、琉球新報社と合わせて20万円の寄付金を県民募金に贈っています。