男子ゴルフ「平和PGMチャンピオンシップ」は、予選ラウンド2日目を終え9日からの決勝ラウンドに進む選手が決まりました。

PGMゴルフリゾート沖縄で、4日間行われる大会の2日目。プロアマ合わせ108人の選手が上位60位までの決勝ラウンド進出を目指すなか、県勢では宜野湾市出身の正岡竜二が安定した試合運びを見せ、7日に続き8日もイーブンパー32位タイで決勝ラウンド進出を決めました。

また9月にプロ初勝利を上げた比嘉一貴、そして宮里聖志がともに、トータル2オーバーの55位タイ。県勢8人のうち3選手が決勝ラウンド進出を決めています。

平和PGMチャンピオンシップ2日目(順位確定)