高校生介護技術コンテスト

九州各県から福祉を学ぶ高校生たちが集い、介護の技術を競う大会が浦添市で開かれました。この大会は、介護のさまざまな状況に、適切に、さらに安全に支援できる能力を育成しようと毎年開かれています。

2019年は、県代表の真和志高校をはじめ、九州各県の予選を勝ち抜いた8校が出場しました。右半身がまひし、寝ている85歳の女性をベッドに座らせ、顔や手を拭き、エプロンの着用を支援するという競技を行いました。

生徒たちは、介護を受ける人の生活歴や過去に患った病気などを考慮し、ゆっくり話したり、方言を使ったりと工夫していました。

最優秀賞と優秀賞に選ばれた高校は、10月の全国大会に出場します。