観光業界向けの働き方改革セミナー

観光業界における長時間労働の是正や人手不足の解消など、働き方改革を推進するセミナーが那覇市で開かれました。

このセミナーは2019年4月に働き方改革関連法が施行されることを受けて県ホテル協会が主催したもので、県内のホテル関係者ら約40人が参加しました。

セミナーでは観光産業は県のリーディング産業にも関わらず、非正規雇用が多いことや所得が低いことが離職や人手不足につながっていると指摘した上で、労働者の待遇改善と企業の生産性向上を同時進行で取り組むべきと訴えました。

主催者では「県内企業の99%以上を占める中小企業でも働き方改革は待ったなしの取り組み。公的支援なども活用して雇用改善に繋げてほしい」と話しました。