知事選 玉城氏が小沢代表と会談

県知事選挙で県政与党の候補として、急浮上している玉城デニーさんが21日、意向を伝えるため自身が幹事長を務める自由党の小沢代表と会談しました。

玉城デニーさんは「私の気持ちとしては、現時点で出る出ないではなく、もっとしっかりと色々な方向性で検討しないといけないということで、21日は小沢代表に相談した」と話していました。

小沢代表と会談した玉城さんは、最終判断の前に出馬に前向きな意向を伝えたとみられ、小沢代表はこれに対し「選挙で戦う態勢が取れるか慎重に見極め、家族とも相談するように」と話したということです。

また、小沢代表は「国政を放り投げた」とそしりを受けないよう、後任の人選も進めるよう指示したということです。

玉城デニー氏 後援会で報告

一方、沖縄市内では玉城デニーさんが自身の後援会と会合を持ち、経過説明を行うことにしていますが、台風の影響で玉城さんの到着が遅れています。

会場には、オキハムの長濱徳松会長や県議の玉城満さん、平良昭一さんら後援会幹部はすでに会場に入っています。

長濱徳松・オキハム会長は「衆議院(議員選挙)の票を獲得している。減ることはない」と話しています。

玉城デニーさんは21日の会合で後援会に対し、与党調整会議からからの出馬打診の経過報告や東京での自由党の小沢一郎共同代表との話し合いの内容などを説明し、出馬へ向けた後援会の理解を得る方針です。

会場入りした後援会幹部は「出馬しない理由はない」と話していて、後援会としても玉城さんの出馬を後押しするものと見られています。