ことしは1カ月遅れ イセエビ漁が解禁

宮古島では、高級食材の漁が1日から解禁になりました。箱から出てきたのは、立派に成長した「イセエビ」。宮古では高級食材イセエビの漁が解禁になりました。

水揚げした漁師も思わず歓声をあげた上物。

漁が解禁となった1日は、早速獲れたてのイセエビが漁師からレストランの店主に取り引きされていました。漁師の伊舎堂正士さんは「おいしく食べてもらえれば、新鮮なエビを。それで十分です」と話していました。海の幸・長浜司さんは「最高においしいんで。刺身とみそ汁が一番おいしいです」と話しています。

取り引きされたイセエビは、1キロ4千円の値が付いたということです。

海の資源を守るため、漁の解禁が1カ月遅れとなりましたが、味も大きさも一級品の宮古島産のイセエビをこれから各地の飲食店で味わうことができそうです。