石垣市長 陸自受け入れ表明

石垣市への陸上自衛隊配備計画を巡り、石垣市長が7月18日自衛隊の受け入れを正式に表明しました。

中山義隆石垣市長「当初から必要性については理解をしていました。住民の皆さんの意見も聞かせていただいた中での判断というところです」

7月18日午後2時半過ぎ、市役所で会見を開いた中山義隆市長。陸上自衛隊の受け入れを巡っては配備予定先の平得大俣地区の住民が反対を表明するなど賛否が分かれ、これまで受け入れの判断を明らかにしてきませんでした。

18日の会見は報道機関へ事前連絡はなく定例会見の後に急きょ発表したもので「住民の意見は出尽くした」として受け入れを表明しました。

ただ、市長はこれまで「情報をオープンにしながら、議論を深めていきたい」としてきただけに市民の反発も予想されます。