保育園児らが七夕の飾りつけ

7日の七夕の日を前に、沖縄市では保育園の園児たちが七夕の飾りつけを行いました。

沖縄市の商店街のアーケード内では、4日から「七夕まつり」が開催されています。5日は浴衣や甚平に身を包んだ地元の保育園の園児たちが七夕の日を前に、自分で作った装飾品や願いを込めた短冊を笹の葉につけ、色とりどりに飾りつけを行いました。

子どもたちは「サッカー選手になれますように」「スイミングの先生!」「筋肉マッチョになって悪い人を倒す!」「ドラゴンボールになれますように!」と短冊に願いを込めていました。

「一番街七夕まつり」は9日までです。