お酒は20歳から!未成年の飲酒防止を呼びかけ

お酒は20歳になってから!未成年の飲酒防止を呼びかけました。

3日に那覇市で行われた結団式には、酒類に携わる団体などおよそ50人が参加し、未成年にアルコールを販売しない、飲ませないという機運を高めようと協力を呼びかけました。

警察によりますと2017年、1年間の飲酒による少年・少女の補導人数は783人で、全補導者数の5.1パーセントと全国平均と比べて2.4ポイント高く、県内で大きな課題となっています。