「島の上を飛ばないで」伊計島で抗議集会

アメリカ軍ヘリの不時着が続いたうるま市の伊計島で21日、抗議集会が開かれました。

伊計島では、アメリカ軍ヘリの不時着が、2017年1月と2018年1月6日の、1年に2度発生。その後も島の周辺での夜間訓練などが目撃されていて、事故の再発を不安視する声が上がっています。

こうした声を受けて21日、伊計島で初めて開かれた抗議集会には、島の住人や出身者、およそ130人が参加しました。

子ども代表としてあいさつに立った伊計島に住む上田美貴さんは、「遊び場や家に米軍機が落ちないよう、米軍機は島の上を飛ばないでください。心配ごとのない、安心して暮らせる島にしてください」と訴えました。

集会では、島の上空を飛ばない飛行ルートへの変更や夜間飛行禁止を求めた抗議決議を、全会一致で採択。24日に沖縄防衛局に対して要請することにしています。