宜野湾市9団体が知事に要請

普天間第二小学校のグラウンドにアメリカ軍ヘリの窓が落下した事故に対し、宜野湾市の9つの団体が、28日、翁長知事に要請を行いました。

佐喜眞宜野湾市長や宜野湾市PTA連合会などは、28日、翁長知事に宜野湾市の全ての学校施設上空で米軍機の飛行を行わないことなどを求める要請書を手渡しました。

翁長知事は「事故原因の究明と実効性のある再発防止策の実施を強く申し入れていく」と応えました。普天間第二小学校PTAの徳村篤志会長は「現在も運動場が使えない状態で子どもたちも先生方も保護者もまいってます。それを米軍、防衛局へ伝えて改善して頂きたい」と話しています。

佐喜眞宜野湾市長ら9つの団体は、28日午後、アメリカ海兵隊などにも抗議と要請を行います。