代表質問「病院統合は基本的枠組みが最重要」

翁長知事は、県立北部病院と北部地区医師会病院の統合に向け、基本的な枠組みについての合意形成が最重要課題となるとの認識を示しました。

11月定例県議会の代表質問で、翁長知事は両病院の統合について、北部圏域の医師不足の解決を図り、安定的な医療提供態勢と病院経営の効率化を図ることが目的だと答弁しました。そして、基本的な枠組みについての合意形成が、最重要課題となるとの認識を示しました。

一方、辺野古新基地建設の是非を問う県民投票については、謝花知事公室長が民意を問うことには意義があるとしながらも、県民が主体となって議論することが重要だとの認識を示しました。