河野外務大臣 翁長知事と初会談

河野太郎外務大臣が就任後はじめて沖縄を訪問し、2日、翁長知事と会談しました。

会談では冒頭、翁長知事が「過重な基地負担の軽減に真剣に取り組んでほしい」と述べ、辺野古新基地建設の断念や日米地位協定の抜本的な見直しなど14項目の要請書を手渡しました。河野大臣は「日米同盟の抑止力を高めることと地元の負担軽減は両方しっかりやり遂げなければならない」と答えました。

また河野大臣は知事との会談に先立ち、在沖アメリカ軍トップのニコルソン四軍調整官とも会談。大臣は「日米同盟の抑止力維持のために両国が最大限努力し、県民への負担を減らす必要がある」と述べましたが、ニコルソン四軍調整官から具体策は示されませんでした。

河野大臣は帰任前に会見に臨み「きのう判決が出た事件、それから飲酒運転その他の事件も、本来起きてはいけないことでございますので、そこについて、しっかり対応していくというのが在日米軍の安定的な駐留のためには不可欠である」と述べました。

一方で、日米地位協定の見直しついては「やれることを確実になるべく早くやる」と述べただけで、抜本的な改定には消極的な姿勢を示しました。