知事が日米地位協定の改定を要請

翁長知事は11日、日米両政府に対して日米地位協定の改定を要請しました。

翁長知事は、11日午後、小野寺防衛大臣と面談し、日米地位協定の改定を求める要請書を手渡した上で、「地位協定は一度も見直されていない。環境補足協定や軍属に関する補足協定を締結しているが、その実効性は十分とは言い難い」と地位協定改定の必要性を訴えました。

小野寺防衛大臣は「課題を一つひとつ乗り越えるため互いに努力しながら知恵を出していきたい」と述べました。

県では独自の改定案を17年ぶりに改め、アメリカ軍の施設外で起きた事件・事故について日本側の捜査権を求めることなどを盛り込んでいます。