戦没者墓苑で盆供養祭

9月3日のウンケーを前に、9月1日、糸満市の国立戦没者墓苑では供養祭が行われ、遺族などが沖縄戦で亡くなった人たちを供養しました。沖縄戦で亡くなった、およそ18万人が眠る国立戦没者墓苑。

県平和祈念財団が主催する盆供養祭は今年で32回目で、遺族や財団の職員など100人あまりが参列しました。

会場では、公園内に飾られ、平和を願うメッセージがつづられた七夕の短冊1635枚がたき上げられました。

また、糸満市文化協会の会員が琉歌の古典音楽を奉納。会場が祈りに包まれる中参加者全員で戦没者の供養をしました。