海洋博公園でオキゴンドウの赤ちゃん誕生

イルカショーでおなじみのオキゴンドウの赤ちゃんが海洋博公園で誕生し、2日、報道陣にお披露目されました。母親の「もも」にぴたりと寄り添って泳ぐのは、5月23日に生まれたばかりのオキゴンドウの赤ちゃん、ですが…。

その姿をとらえられるのはほんの一瞬で、報道陣も少々苦戦気味…。赤ちゃんは現在体長およそ1.6メートル体重は推定50キロ。性別はまだ判明していませんが、母乳で順調に成長しているそうです。

イルカ担当の古賀壮太郎技師は、「(来場者には)温かく見守っていただいて、子育てに母親も集中し子どもも授乳できる環境を私たちは整備していきたい」と話していました。

国内でのオキゴンドウの飼育例はとても少なく、繁殖が確認されたのはこれで9例目。現在は限られた場所からしか見ることはできませんが今後はイルカショーへも出演する予定だということです。