大阪の子どもたちにオンライン授業で沖縄紹介

大阪の小学生に沖縄の文化や歴史を紹介するオンライン授業が豊見城市で行われました。

このオンライン授業は、沖縄観光コンベンションビューローが企画したもので、ネット回線で、豊見城市の沖縄空手会館と大阪市の小学校を結んで行われました。

授業では、「沖縄ってどんなところ?」をテーマに、沖縄の風土や県民の食生活などを紹介。

先生が沖縄そばを食リポする姿には、子どもたちから「いいな!そっちに行きたい!」と歓声が上がりました。

また、空手の演武も披露され、その鋭い動きに見入っていました。大阪の子どもたちは、モニター越しでも元気いっぱい。空手の演武にアンコールをしたり、「さとうきびってどれぐらい硬いですか?」と質問するなど、沖縄への興味を深めているようでした。