4月4日は二十四節気のひとつ清明です。この時期、県内各地では親戚が墓に集い先祖を供養するシーミーのシーズンを迎えます。

那覇市にある第一牧志公設市場とその周辺の店では、シーミーで墓前にお供えする三枚肉やかまぼこ、お菓子などが店頭に並んでいました。店の人は「三枚肉とロース、ソーキ、中身などは(毎年)よく出ています」と話し、別の店の人も「次第に(買う)数が減っている。逆に、おいしいものを求めている。若い人も一生懸命後を継いで(シーミーを)しっかりやっていってほしいですね。おじいちゃん、おばあちゃんが喜ぶじゃないですか」と話していました。

店によると、買い物客で忙しくなるのは今週末からだということです。