JTAが沖縄子どもの未来基金に寄付金贈呈

子どもの貧困解消に役立ててほしいとJTAの丸川潔社長らが県庁を訪れ、「公平に学ぶ機会を与えられたら」と3月31日、給付型奨学金事業沖縄子どもの未来基金に500万円を贈りました。

また、子どもの居場所事業へのボランティア派遣を行う学生団体大学コンソーシアム沖縄に200万円や、離島に行く際に使用できる航空チケット300万円相当を贈りました。

寄付を受けた翁長知事は、「みんなが等しく教育を受けられるよう有意義な形で使っていきたい」と感謝の言葉を述べました。