稲田防衛大臣「空中給油再開前提に米側と調整」

北部訓練場返還式典に参加した稲田防衛大臣は一夜明けた23日に会見に臨み「空中給油(訓練)の再開までに、しっかり情報収集や安全の対策等の確認」「その辺はしっかりやる」と述べ、オスプレイ墜落事故の原因とされる空中給油訓練の再開を前提に、アメリカ軍と安全対策などを確認中だと初めて明らかにしました。

稲田大臣は、アメリカ軍の空中給油訓練は「岸から離れた海上でしか行なわない」と述べたうえで、今回の事故の状況を明確にし、安全対策を確認する必要があるとの認識を示しました。