東村に特定防衛施設調整交付金増額を通知

アメリカ軍北部訓練場のヘリパッド建設に関連し、防衛省の若宮副大臣は4日、東村高江区への補償となる2000万円の交付決定を村に通知しました。

4日午後、東村役場を訪れた若宮防衛副大臣は、伊集東村長と仲嶺高江区長と面談。東村が高江区への補償として求めていた財政支援の交付通知書を手渡しました。

若宮副大臣は「ヘリパッドの移設に伴う影響等を考慮致しまして、前年度より約2100万円ほど増額させて頂きまして、合計約6600万円ほどとさせて頂いたところでございます」と説明しました。

増額された防衛省の交付金は、東村が来年度から「高江区地域コミュニティ事業」を行うための基金として運用されます。

伊集村長は、「高江区民が基地の過重負担にならないよう生活環境の整備をこれからもお願いしていく」との考えを示しました。