那覇市少年自然体験の船出発

渡嘉敷村で2泊3日の自然体験にチャレンジする「那覇市少年自然体験の船」が29日に出発しました。

自然体験は、那覇市内の小学生・中学生を対象に毎年開催されているもので、15回目を迎えます。

29日、泊港で行われた結団式では参加者およそ100人を代表して、金城小学校の大城天馬くんが「渡嘉敷のすばらしい自然の中で、たくさんの思い出を作ってきます」と決意を語りました。

参加する子どもたちはそれぞれ「きれいな海で泳ぐのが楽しみです」「キャンプに行くのが人生で初めてなので思いっきり楽しんできたいと思います」と笑顔で話していました。

子どもたちは、渡嘉敷の海でのレクリエーションや星空観察、キャンプファイヤーなどこれから始まる楽しいツアーに胸を膨らませていました。