高卒求人の早期提出求めセレモニー

2017年春、県内の高校を卒業する就職希望者に対する企業の求人の受け付けが20日から始まりました。

20日からの求人受付スタートに合わせてハローワークでは県内の大手小売店など8社が正社員の求人合わせて151人分を一斉に提出しました。

景気回復による求人数の増加で、県内の高卒者の就職内定率は2015年、92.5%と過去最高を記録しました。しかし、全国と比較すると全国ワーストともっとも低く、原因として県内企業が求人を出すタイミングが遅いことが指摘されています。

沖縄労働局では生徒たちが夏休みに入る前に就職先を検討できるよう、企業に対し早めの採用計画と求人の早期提出を呼びかけています。