国地方係争委 「適法かどうか判断せず」

国の是正指示を巡る国地方係争処理委員会は17日に審議を終了し「適法かどうか判断しない」との結論に達しました。

翁長知事の埋め立て承認取り消しに対する国の是正指示を不服とし、県の申し出で開かれていた委員会。終了後、会見した小早川光郎委員長は「適法かどうかは判断しない」との結論を述べた上で「判断することが、国と地方の関係を両者間に構築することに資するとは考えられない」との見解を示しました。

これに対し中谷防衛大臣は「県側に不服があれば1週間以内に訴訟を提起するだろう」との認識を示し、一方、翁長知事は「委員会が判断しないとは想定しなかった」として、弁護士らとともに今後の対応を協議することにしています。